障害者同士の結婚 健常者との結婚多数 大切なのはフィーリングが合う事

MENU

障害者同士の結婚&健常者との結婚多数!大切なのはフィーリングが合う事!


婚活をしていると、直接会って何回かコミュニケーションを図る事が多いと思います。実際に私も何回もそのような場を経験していますが、
そうすると意外と多いのが、同じ障害を持った人でした・・・。

 

 

 

身体障害者もいましたが、精神障害の数はかなり多かったです。同じ共感とかもあり、直接付き合う事はなかったのですが、友人として今でも関係が続いています。

 

 

 

私の場合は健常者との結婚でしたが、話を聞くと、意外と障害持ちどうしの結婚が多いみたいです。
サイト婚活の場合は、登録型合コン等の紹介文のところできちんと障害がある旨を記載しておくと、共感した人、同じ境遇の人からアプローチがあるからみたいです。

 

 

障害者同士の場合はお互いの環境や状況が似ている事からの近親感などが近づける要因ですが、障害者と健常者の場合は、相手とのフィーリングや感覚、落ち着く気持ちなどがあるはずです。
私も健常者と結婚しましたが、障害の有無ではなくて、気持ちが近い感じを感じました。一緒にいて疲れない人は健常者でも障害者でも同じです。

 

 

お付き合いするなら、イケメンや美女なんて選び方もありますが、一生を生きる相手選びはフィーリングが大事です!
このフィーリングは人それぞれ違いますが、健常者と同じように障害者もあります。フィーリングが合う人を見つけられるかどうかが結婚出来るかどうかではないでしょうか。


トップ/障害者の出会い法
合コンサービス
パーティー系サービス
ネット婚活サービス
結婚相談所サービス