障害を複数持っている私の婚活や出会いについて

MENU

障害を複数持っている私の婚活や出会いを紹介!


私は障害を生まれた時から複数持っています。精神障害と身体障害の両方を持っています。
身体面については、歩けないとか、それほどではないのですが、杖は必要で、厳しい時は車いすになる事が多いです。

 

 

 

精神障害については、昔は「精神分裂病」という怖い名前でしたが、最近は「統合失調症」という名前に変わった障害です。
うつ病と似ている感じで、気分の浮き沈みがある他は、たまにですが、幻覚とか幻聴症状がある場合もあります。

 

 

 

 

ですが、基本的には薬があれば生活が可能なんです!
なので、出会いを求めていたのですが、相手が受け入れてくれるかどうかとか心配でした・・・。

 

 

 

当然ですが、大きく社会活動をしていないので、通常の健常者に比べると出会いの数は少ないほうかも知れません。
しかし、現在では「婚活サービス」があります。私はそんな婚活サービスを利用する事で何度も出会い、そして結婚しました!

 

 

 

 

 

 

意外と健常者は障害者の事を重く受け止めない!当たって砕けろで婚活開始


私は現在は結婚しているものの、婚活は多少、ハンデがあったので人一倍励みました!
ネットでもしましたし、パーティーも登録して行きました。街コンや合コンも積極的に参加しましたね!

 

 

 

この積極的な参加で私が得たものは、今は皆相手の気持ちや雰囲気で相性を決めるという事でした。

 

 

それまでは障害があるのでと、引っ込み思案で恋愛が遠ざかっていたのですが、パーティーのフリータイムとか、ネットとかのコメント等で簡単に、「ちょっと障害あるんだけど、薬あれば、普通の生活できますよん♪」みたいな軽い感じでトークの間に話す感じで、相手も重く受け止めるのではなくて、そのままの流れで、「そうなんだ! 趣味は〜?」みたいな感じで聞いてきてくれるのでそれまでの不安が取れたって感じでした!

 

 

 

 

 

私が思っているよりも相手は障害を重要視してない!


何度も言いますが、自分で殻に閉じ困っているだけでした!ここで確認できたのは、昔のような条件の結婚(年収、健康、学歴)なんてものは現在は皆無です。
相手とのフィーリングや相性がほとんどという事でした。

 

 

これを感じた時は嬉しかったですね!
それまで私は恋愛しないと思っていたし、結婚なんでできないって思いこんでいたんですからね・・・。

 

 

この一般的な考えが分かってから私は恋愛や結婚に前向きになる事が出来ました!
婚活サービスを利用する事も多くなりました。

 

 

 

しかし、婚活サービスを利用する時の注意点としては必ず自分の情報やプロフィールを記載する場所にきちんとその旨を記載する事です。
それでもアタックしてくれる人はたくさんいますから、隠す事はしないほうが良いです!相手の為にも、自分の為にも!

 


トップ/障害者の出会い法
合コンサービス
パーティー系サービス
ネット婚活サービス
結婚相談所サービス